自転車を購入する場合の店選びのポイントとは

近所の店で買った方が後々得になることが多い

自転車を購入する場合、どういった基準で店を選べばいいのでしょうか。まず、可能な限り優先したいこととして、自宅、あるいは自転車をよく使う場所からの距離が近いということが挙げられます。というのは、自転車は買ったらそれで終わりということにはならず、継続的なメンテナンスが必要になるからです。家電などであれば、壊れたらメーカーに直接送って修理してもらうことができますが、自転車の場合はショップに持っていって直してもらうのが基本なんですね。そのため、遠いショップで買うと後々困るというわけです。

組み立てと修理の技術がきちんとしているか

また自転車の組み立て、そして修理の技術がきちんとしているというのも選ぶ際の重要なポイントになります。なぜ修理だけではなく組み立ての技術も求められるのかというと、自転車というのはメーカーから完成品が納入されるわけではないからです。ある程度、パーツが組み立てられた車体が納入され、それをショップ側で完成させて販売されるんですね。そのため、組み立ての技量によって、壊れにくいかどうか、乗りやすいかどうかということが決まってくるのです。

ネットショップは値段をポイントにするならあり

では、インターネットショップはどうかというと、ネットで買う最大のメリットは価格です。基本的にロードバイクやクロスバイクなどに限らず、自転車はどこであっても極端に値引きされていることはないですが、それでも値引きの幅はネットショップの方が大きいことが多いんですね。なので、値段を最重要視するのであればネットショップもありですが、修理の際に問題が起きる可能性があることを承知しておきましょう。たとえば、実店舗によっては他店で購入された自転車の修理を拒否する、あるいは修理費を割り増しで請求してくることがあります。

名古屋の自転車のショップを賢く利用するために、高性能の商品が用意されている店舗の価格帯を調べることが良いでしょう。